SPD物品管理システム

1.「物品管理システム」のご紹介

高齢化社会の到来に伴い、医療をとりまく環境や状況はダイナミックな変化を遂げています。MMコーポレーションは、こうした時代の中にあって、常に医療の将来をとらえ、医療現場のニーズにいち早く対応できるクオリティの高い医療機器の提供と、医療シーンのスムーズな運営をお手伝いするサービスの充実に努めています。

当社の「物品管理システム」は、医療と共に高度化、多様化、繁雑化して行く医療材料を一元管理する事により院内医療材料の在庫軽減や不良在庫の軽減、院内スタッフによる医療材料管理業務、事務処理業務の軽減又、保険請求漏れ防止等、多岐にわたる改善効果を実現します。

2.「SPD物品管理システム」導入の目的と効果

―なぜ物品管理が必要なのか? どんな効果が見込めるのか?―

物品管理システム導入の主目的は、施設の規模・経営母体・経営方針等により管理形態・導入目的・導入効果は若干異なるものの、おおよそ「経営の合理化」「環境整備」「情報管理」と考えます。

物品管理は、こんな要望にお答えします。

  • 在庫量、在庫金額を減らしたい。
  • 期限切れ、不良在庫、不要な在庫を減らしたい。
  • 在庫管理、搬送、物品請求、発注など物品に関わる業務を減らしたい。
  • 保険請求漏れを減らしたい。
  • 院内在庫状況、購入状況、使用状況を把握したい。

▲ページ最上段へ